MENU

機能性表示食品の小林製薬「ルテインa」の効果や口コミを紹介

小林製薬 ルテインa

ルテインを10mg、ゼアキサンチンを2mg配合

 

小林製薬から販売している目に作用するブルーベリーサプリは「ブルーベリー」と「ブルーベリー・ルテイン・メグスリノ木」がありますが、機能性表示食品として届けているのはこの「ルテインa」のみです。

 

・届出表示

本品にはルテインが含まれます。ルテインには、目の黄斑部の色素量を増やすこと、コントラスト感度を正常に保ち視覚機能を維持することが報告されています。

 

ルテインはカロテノイドといわれる天然色素の一種で黄色の色素をもちます。ほうれん草やニンジン、カボチャ、ブロッコリーなども緑黄色野菜やマリーゴールドなどの黄色い花の花弁に多く含まれており、この小林製薬のルテインaにはマリーゴールドを使用しています。

 

目の基本構造

出典:川本眼科

 

ルテインは人間の目の中にも存在しており黄斑部と呼ばれる目の奥に存在します。目の中に入ってきた光を脳へ送る際に電気信号に変える役割があります。ルテインは目に入ってくる有害な光からのダメージから守り負担を軽くして視覚機能を正常に維持してくれる効果があると届けているわけです。

 

ここでいう有害な光というのはパソコンやタブレット、スマホ、テレビから発するブルーライトなどです。

 

ここ数年で一気にスマホが普及してスマホの液晶画面を見る時間が長くなりました。それによって目も大きくダメージを受けています。その有害な光であるブルーライトから目を保護してくれるのがルテインというわけです。

 

小林製薬「ルテインa」のパッケージをチェック

小林製薬 ルテインa

 

・「ルテインa」の原材料

植物油、ゼラチン、フランス海岸松樹皮エキス/グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、マリーゴールド、ビタミンE

 

なぜ最初にルテイン(マリーゴールド)が書いていないのかというと、1カプセルには300mgの含有量があるわけですが、ルテインは10mgしか配合されていないので上位にはカプセルを作る成分である植物油やゼラチンが出てくるというわけです。

 

フランス海岸松樹皮エキスという成分は見慣れませんが、非常に強い抗酸化作用をもち活性酸素から体を守ってくれる成分です。

 

小林製薬 ルテインa

ルテインを10mg、ゼアキサンチン2.0mg配合

 

・「ルテインa」の配合量

  • ルテイン 10mg
  • ゼアキサンチン 2.0mg

 

有用成分としてルテインが10mgとゼアキサンチンが2mg配合されています。ゼアキサンチンにも強い抗酸化作用があり、黄斑部に存在する成分です。光の信号を受け止める細胞が多くあり、ゼアキサンチンもルテインと同様黄斑部の視覚機能の維持に役に立ちます。

 

ただ、ルテインを10mg摂取するだけならほかに有用成分がたっぷり配合されている「めなり」などがおすすめです。ルテイン12mg配合されてブルーベリーエキスも170mgと配合量が多いからです。ぜひチェックしてみてください。

 

小林製薬 ルテインa

1日1粒で粒自体は大きくない

 

粒は大きくありません。ソフトカプセルですので粒が大きいサプリは苦手という人でも安心して飲み込めると思います。

 

小林製薬「ルテインa」を安く買うならAmazon?楽天?

公式サイト 定価 1,728円
Amazon 通常価格 1,272円

定期おトク便 1,145円(10%OFF)

楽天市場 1,235円+送料

 

小林製薬のサプリメントは薬局やドラッグストアなどでも販売されているので行きつけのドラッグストアでも置いてあれば買えることもあります。ですが、わざわざドラッグストアまで買いに行って置いてなかったということもありますから、ネットで購入をおすすめします。ドラッグストアより安く買えるでしょう。

 

Amazonが一番安く買うことができます。定期おトク便として購入すれば10%OFF、送料無料ですので飲み続けるならAmazonの定期おトク便が一番お得です。

 

合わせてよみたい記事