MENU

ルテインはなぜ目にいいの?注目されている理由とは

ルテインとは

ルテインは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。ブロッコリーやホウレンソウ、小松菜などの緑黄色野菜に豊富に含まれています。ルテインは、人間の体内の器官、皮膚にも存在している物質で、女性の場合、特に乳房や子宮頚部にも多く存在しています。

 

中でも一番多く存在しているのが眼の水晶体と黄斑部とされていて、正常に機能を果たせるようにルテインはフル活動しています。

 

また、ルテインは光をさえぎる役割を担っていて、光によるダメージを受けないよう抗酸化作用を働かせます。人体に対して有害とされている紫外線、蛍光灯やテレビ、パソコンから発せられる光の中でも青色を吸収し、目を保護してくれています。

 

近年ではさらにルテインの研究が進められていて、ルテインとDHAを一緒に摂取することで抗酸化機能はもちろんのこと、脳の記憶機能が改善されるという発表が行われました。このことから、ルテインはさらに注目を集めることが予想されますが、すでにサプリメントなどにも含まれてきている成分となってきていて、身近なものになりつつあります。

 

ルテインの効果や効能

ルテインは、光に負けない強い抗酸化作用を持っているのが特徴です。皮膚に日焼け止めを塗って紫外線からお肌を守っている方も多いですが、目だけは紫外線を直に受けてしまいます。でも、目に入ってくる紫外線から目を守っているのがルテインなので、眼の日焼け止めの役割を担っているともいえるでしょう。

 

人間の身体にもルテインは存在していますが、残念ながら体内で合成することができません。活性酸素を除去してくれる効果もあるため、活性酸素が多ければ多いほどルテインは失われていってしまいます。

 

なので、積極的に取り入れる必要があるのですが、ルテインへの期待できる効果と言えば、疲れ目やかすみ目の予防と軽減に役立つことで知られています。また、白内障や黄斑変成症など眼の疾患の予防効果もあります。

 

近年、ルテインを使った研究では、目の網膜にも良い影響を与えてくれる可能性があるのではないかとされています。まだ研究段階であるため本当の効果が明らかになっているわけではありませんが、目の疲れやかすみなどを取り除き、抑制と予防に役立つというのは昔から言われているので、効果が期待できるのもうなずけます。

 

緑黄色野菜に多く含まれているので比較的摂取しやすい成分であるといえますが、近年はサプリメントに配合するなど、さらに取り入れやすくなってきています。

 

合わせてよみたい記事