ブルーベリーサプリ 眼精疲労

MENU

ブルーベリーサプリを飲むと眼精疲労に良いか

ロドプシンの再合成を促してくれる効果

ロドプシンという物質は、網膜の中でとらえた光を信号として視神経を通じて脳に信号を与えています。その刺激で、人間は物を見ることができているわけなのですが、ロドプシンは網膜が光に当たるたびに分解されてしまいます。新しい光からの情報を、視神経を通じて脳に信号を与えるために再合成して…ということを繰り返し行っています。

 

しかしながら、光の情報量が多かったり目を酷使しすぎてしまうと、ロドプシンが再合成する力が低下してしまって、物がみえにくくなったりぼやけたり、視界が曇ったように感じることがあります。これを一般的に眼精疲労といいますが、眼精疲労を改善するためにはロドプシンの再合成をサポートしてくれるブルーベリーが効果を発揮してくれます。

 

ロドプシンが再合成する働きの低下を抑制することができる成分がブルーベリーの中に含まれています。それが、アントシアニンです。目の機能性をアップさせること、視覚機能を高めてくれるという効果が期待されています。医学的な部分においても徐々に認められつつある成分となってきています。一部の国においては、ブルーベリーが医薬品として認められているところもあるくらいです。

 

アントシアニンとは

ブルーベリーに含まれているアントシアニンは、とても強い抗酸化力があります。紫外線などの光からのダメージから自身を守るために植物が作り出している成分です。アントシアニンを摂取することによって、紫外線のダメージを受けやすい目を守る効果も期待できます。

 

さらに、アントシアニンには血行を促進する効果もありますし、疲れた目にしっかりと栄養を運ぶ役割も担っています。ただ、アントシアニンは熱や保存という部分においては強いほうではないので、サプリメントとして摂取するのがベストです。

 

しかしながら、アントシアニンは摂取しても体内に蓄積されにくいという特徴を持っているので、毎日少しずつ摂取することができるサプリメントで効率よく取り入れることが大切です。サプリメントなので、薬ではありません。なので、飲んでも飲まなくても健康を害することはありませんが、薬ではないからこそ毎日継続して摂取していくことが大切になってきます。

 

生食でももちろん構いませんが、通年手に入るとは限りませんし価格も安定していません。その点、サプリメントなら手軽ですし価格も手ごろなものも多いので、継続するという部分においてもおすすめです。