MENU

眼精疲労の原因を紹介

眼精疲労の原因とは

眼精疲労が起こる原因はいくつかあります。その中の一つとしてあげられるのが、目の病気です。近視や乱視、老眼が進むことでピントを合わせなくてはいけない眼球の中の水晶体の厚さを調節している筋肉がこわばってしまっている状態が続きます。視力が悪いことで目を凝らしたり、顔を前に出すなどといった行動などの姿勢の悪さから目の疲れや肩こりが出て、それが眼精疲労につながってしまうのです。

 

また、40代を過ぎたあたりから進むことが多くなる老眼も、眼精疲労の原因の一つと考えられています。

 

視力が悪くコンタクトや眼鏡をしている人でも、度数があっていないために眼精疲労が起こることもあります。また、パソコンやスマホを使う機会が増えたことで、目を酷使するケースも少なくありません。これによって眼球の表面が乾燥してしまいドライアイという病気が起こりますが、これも眼精疲労を引き起こす原因とされています。

 

その他にも、緑内障や白内障などの目の病気、場合によっては精神的ストレス、いろいろな原因が重なって眼精疲労は引き起こされてしまうとされています。

 

眼精疲労対策を行うことが大切

眼精疲労がある場合、病気が隠れていないかを最初にチェックしてみましょう。視力や眼圧、眼底や視野を調べるために眼科へ行くことをおすすめします。もし、このとき病気があることが分かれば、治療を行うことで眼精疲労が改善することも少なくありません。

 

また、すでに眼鏡やコンタクトをされている方は、度数があっているかどうかもチェックしてみましょう。できれば使用状況などに応じて眼鏡をいくつか作っておくといいと言われています。定期的に視力検査を行って度数のあっている眼鏡やコンタクトをすることで眼精疲労は軽減することが可能です。

 

もちろん、普段の生活から眼精疲労対策を行うことができます。作業をする時の部屋や手元の明るさ、姿勢を正すことを心がけましょう。パソコンを使った多少においては、パソコンと自身が座る位置にも注目することが大切です。1時間に10分ほど休息を取り入れて目を休めてあげるようにしましょう。

 

室内が乾燥しているとドライアイを引き起こすこともありますので、適度な湿度が保てるように工夫することも大切です。目薬などを利用して目の表面が乾かないようにするのもいいでしょう。また、睡眠をしっかりと取ること、目もしっかりと休めてあげることが眼精疲労を引き起こさない、眼精疲労対策につながります。