MENU

ブルーベリーサプリの副作用はある?

ブルーベリーサプリの副作用について

ブルーベリー自体、自然の果樹です。なので、サプリメントでエキスだけを抽出したとしても、副作用が出るということはほとんどありません。また、サプリメントは薬ではないので、たくさん摂取してしまったとしても、余分なものについては体外へ排出されてしまいますので心配することもありません。もちろん、サプリメントなので薬とは違ってこの時間に飲まなくてはいけない、絶対に毎日摂らなくてはいけないというものではないので、飲んでも飲まなくても健康を害したりすることもありません。

 

ただ、過剰に摂取しても問題ないからと言って、多く摂ればいいというものでもありません。なので、サプリメントの用法と用量をしっかりと守って、1日の摂取量を守るようにしましょう。天然の色素であるアントシアニンが豊富に含まれているブルーベリーサプリは、大人から子供まで安心して取りいれることができる成分の一つです。

 

副作用などの心配もほとんどないので、お子様にも安心して与えられます。ただ、量を守るのはもちろんですが、子供にブルーベリーサプリを与える場合は、粒の大きさなど飲みやすさといった点にも気を付けてあげるといいでしょう。

 

ブルーベリーサプリに気を付けなければいけないケース

ブルーベリーサプリは、副作用が起こることがないので安心です。しかしながら、妊娠中や授乳中はブルーベリーサプリを控えたほうがいいとされています。なぜかというと、ブルーベリーに含まれるビタミンAが、体調を崩したり胎児が生まれたときに喘息のリスクが高まると言われているからです。

 

もちろん、過剰摂取にならなければ取り入れても問題はありません。ブルーベリーサプリを取り入れる際は、かかりつけ医に相談をしたうえで取り入れるようにしましょう。薬ではなく健康補助食品の一つなので、健康を害する、何かしら悪影響を与えるということはほとんど考えられませんが、すでに医師から処方されている薬がある方は、飲み合わせによっては体調を崩したりしてしまうこともありますので、処方されている薬がある方も医師に相談をしてからブルーベリーサプリを取り入れるようにしましょう。

 

目に良いアントシアニンが豊富に含まれているブルーベリー。生食でもおいしく食べることはできますが、サプリメントの方が手軽に取り入れることができます。用法と用量をしっかりと守り、ブルーベリーサプリを取り入れることが大切です。

 

合わせてよみたい記事