MENU

ビルベリーは目に良い?

ビルベリー

 

ビルベリーとは

ビルベリーとは、20センチから60センチほどの高さの低木になる果樹で、ブルーベリーに似ていますが比較してみると、色がかなり濃いのが特徴です。青紫色をしていて、アントシアニンが豊富なことから注目されています。

 

北欧が原産地となっていて、スカンジナビア半島をはじめ南ヨーロッパの山岳部や高原地帯など、幅広く自生している果樹の一つとなっています。果実の大きさは7ミリ程度しかありません。ですが、かなり強い酸味がありジュースやジャムとして古く昔から利用されています。

 

また、食用はもちろんのこと整腸剤などの薬としても利用されてきている背景があります。似たような果樹であるブルーベリーよりもビルベリーの方が、アントシアニンが豊富であることで近年サプリメントなどに利用されています。

 

北欧では白夜と呼ばれる、1日中太陽が沈まないという不思議な現象が起こります。これによりビルベリーは昼も夜も紫外線を浴び続けなければいけないため、そこから身を守るために強い抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富に含まれるようになったとされています。

 

ビルベリーの効能や効果

ビルベリーには豊富なアントシアニンが含まれていることから、目への効果がかなり期待されています。

 

眼精疲労を回復させたり、白内障や飛蚊症などといった目の疾患を予防するのにも効果があると言われています。また、アントシアニンには強い抗酸化作用があるため、体内の活性酸素を取り除いてくれる効果があると言われています。なので、アンチエイジングへの効果もかなり高いですし、生活習慣病などの疾患の予防にもつながります。

 

さらに、アントシアニンには毛細血管を強くしてくれる効果があるとされています。視力の低下や糖尿病などの症状にもアントシアニンが作用しているとされていますし、血糖値が上がるのを防ぐ効果もあると言われています。

 

また、ビルベリー自体に食物繊維が豊富で、タンニンとペクチンをたっぷり含んでいることから肌のトラブルを改善したり、腸内環境を整える効果もあるとされています。

 

さらに、アントシアニンはコラーゲンを強くしてくれるともいわれているので、しわやたるみ、お肌の弾力を取り戻すのにも役立つ成分の一つとして、近年特に注目を集めています。自生している果樹の実からとれたエキスなので副作用などもなく、安心して取りいれることができることから、男女問わずビルベリーを活用しています。

 

合わせてよみたい記事