MENU

ブルーベリーサプリの安全性はしっかりしている?

ブルーベリーサプリは副作用もなく安全

サプリメントと一口にいっても、海外製のものもあれば国内製のものもあります。どちらがいいとは一概には言えませんが、利用する際は安全に口にすることができるかどうか、という点が最も気になるのではないでしょうか。

 

ブルーベリー自体、自生している果樹ですので、サプリとして加工されていたとしても副作用が現れるということはありません。大人から子供まで安心して摂取することができるので、心配することはありません。

 

また、サプリメントは薬ではないので、飲んでも飲まなくても健康に被害を及ぼすこともありません。その分、継続して飲まないと効果を実感することができないこと、効果が現れるまでには個人差があること、数ヶ月は続けて摂取したいことなど注目したいポイントもあります。

 

日本国内で製造販売されているブルーベリーサプリについては、特定保健用食品のマークがついているものを選んだり、製造の工程がはっきりしているもの、ブルーベリーの産地が明確になっているものなどを手に取るようにしましょう。副作用もほとんどなく、年齢問わず摂取することができるブルーベリーサプリは、価格も安定しているので手に取りやすいという特徴もあります。

 

アントシアニンの量をしっかり確認し、継続できるものを

 

ブルーベリーサプリは安全性も高いので安心して摂取することができますが、メーカーによってアントシアニンの含有量が異なります。一日の摂取量の目安となるのが120〜250rとなっていますので、パッケージに表記されている成分の量をよく確認しておきましょう。

 

サプリメントは薬ではないので多く摂取したところで体に影響を与えることはありませんが、多く摂取した分は体外へ排出されてしまいますので、多く摂取しても意味はありません。

 

また、サプリメントは継続することが大切です。なので、負担にならない価格のものを手に取ることも忘れてはいけません。医薬品ではないため、即効性は期待できませんが、数ヶ月続けていくことで効果を実感されている方もたくさんいます。

 

その他にも、様々な成分が配合されてサプリメントが製造されていることも少なくありません。目に良いと言われている成分をたくさん含んで作られているサプリメントもあります。成分が多ければいいというわけではありませんが、含まれている成分が目に良いものであればさらに効果も期待できます。いくつもあるサプリメントですので、しっかりと比較をしながら自分にとってベストなブルーベリーサプリを手に取るようにしましょう。

 

合わせてよみたい記事