MENU

アントシアニンは目に良い?効果や効能をチェック

アントシアニンとは

ポリフェノールの一種であるアントシアニン。青紫色をしている天然の色素です。ポリフェノールは紫外線やウイルスなどから自身を守るために植物自体が作り出している成分です。アントシアニンは、抗酸化力がかなり高く、近年特に注目を集めています。紫外線など有害な光からのダメージを受けないよう、人間の体では細胞が傷つかないようにサポートしてくれています。

 

身近な野菜で言えば、ナスの紫色にもアントシアニンが豊富に含まれていますが、ヘタ近くを見てみると紫色が薄くなっているところがあります。ここは、ヘタがあることで太陽の光が当たりにくいため、青紫色が薄くなっているのです。光が当たらないので、たくさんのアントシアニンを必要としていないので、色が薄いというわけです。

 

また、食品分野においても需要が高いことで知られているアントシアニンですが、加工品などにもアントシアニンが多く使われています。様々な活用ができること、いろいろなところで効果や効能があることから、サプリメントなどにも使われることが多くなってきている成分の一つとなっています。

 

アントシアニンの効果と効能

 

アントシアニンは、眼への効果がかなり期待されています。目の網膜にはロドプシンというたんぱく質がありますが、これは光からの情報を受け取り脳へ信号を送ることから、私たちは目からものを見ることができています。

 

ロドプシンは、光によって分解され新しい光の情報を得るために再度合成されるということを繰り返していますが、長時間繰り返されることでロドプシンが合成される時間がどんどん遅れてしまいます。これが遅れると目がショボショボしてしまったりぼやけるといった症状が出るのですが、アントシアニンはこのロドプシンの再合成を促進してくれる効果があるので、視力の機能を改善したり視力の低下を予防することができることがわかっています。

 

さらには、眼精疲労や眼圧、眼の血流の流れを良くする効果、明るいところから暗い所へ入った時にすぐに順応することができるように、アントシアニンは働いてくれています。白内障などの眼病予防をしてくれる効果もあると言われていて、眼への効果がかなり高いことがわかります。

 

アントシアニンは抗酸化力がとても強いので、白内障以外の目の疾患の予防にも効果が期待できることから、注目度がとても高い成分です。毎日少しずつ取り入れることによって、目の疲れが少なくなったり、眼の疾患の予防と改善に役立てられます。

 

合わせてよみたい記事