ブルーベリー・ルテインサプリ おすすめ

MENU

目にいいブルーベリーサプリに関する疑問を解決!

ブルーベリーサプリ集合写真

ネットで人気のブルーベリーサプリを20種以上お試し!

 

困っている女性

 ブルーベリーサプリに効果があるのか知りたい
 目がかすむ、ショボショボする、疲れで目が重たい
 目に良い成分が入っているサプリを知りたい

ブルーベリーサプリって色んなところが販売しているので一体どれがいいか分からないし、効果がホントにあるのかわかんないですよね。

 

ブルーべリーには「アントシアニン」という成分が多く含まれており、「目の調子を整える効果がある」といわれています。つまり、日ごろパソコンやスマホを見すぎて目が疲れたと感じている人や目の乾き、シュパシュパするなど目の調子が悪いと感じている人にはブルーベリーサプリはオススメです。

 

ブルーベリーサプリはこんな症状の人におすすめ

OKしている女性

 携帯やパソコンの画面を見ていると疲れる
 最近ドライアイ(目の乾燥)がひどい
 コンタクトレンズで目が乾燥しやすい
 目の下のクマが気になる
 目がかすむ、ショボショボする

 

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは目に関する悩みに対して良いとされていますが、毎日ブルーベリージャムやブルーベリーの果実を食べることは非常に大変です。ですので、サプリで補うという方法がおすすめです。一日1粒2粒飲むだけで必要十分な摂取量を取れますし、消費期限も長いですし保管が簡単です。

 

ブルーベリーサプリの選び方のポイント

おすすめしている女性

ビルベリーエキスの配合量が120mg以上
ルテインが6mg以上配合されている
目に良いサポート成分が配合されている

 

ビルベリーエキスの配合量が120mg以上

ブルーベリーサプリには多くがビルベリーエキスを配合しています。ビルベリーはブルーベリーよりもアントシアニンの配合量が多くだいたい36%含有しているとされているので120mg以上だとだいたい43.2mgのアントシアニンを摂取できます。1日に40mg以上のアントシアニンを摂取すると効果を期待できるといわれていますのでビルベリーエキス120mg以上を摂取目安としてください。

 

ルテインが6mg以上配合されている

最近ではブルーベリーだけでなくルテインが注目されています。マリーゴールドという植物由来の成分なんですがルテインには日ごろから刺激を受ける紫外線やスマホ、PCなどが出るブルーライトという有害な光から目を守ってくれる成分です。

 

目に良いサポート成分が配合されている

ブルーベリーやルテイン以外にもカシスやDHA、メグスリノキ、βカロテン、アスタキサンチンなど目に良いとされる成分が目に良いといわれています。ですので、ブルーベリー、ルテイン以外にも配合されているブルーベリーサプリがあればよりおすすめです。

当サイトおすすめのブルーベリーサプリはこちら

ビルベリーとルテインの配合量で選ぶなら「めなり」

めなり

 ビルベリー170mg×ルテイン12mg配合(業界トップクラス)
 初回907円の77%OFFで安い
 サポート成分でアスタキサンチン、βカロテン配合

さくらの森が販売している「めなり」はビルベリー170mg、ルテイン12mgと配合量が他のサプリに比べて多いのが特徴です。一般的にブルーベリーだけ配合量が多い、ルテインだけ配合量が多いというサプリが多いのですが、「めなり」はビルベリーもルテインも配合量が多いので日ごろパソコン作業やスマホを使うことが多い人だけでなく目の乾きや近くがぼやける目の奥が重かったり痛いという人にはぜひ試してほしいアイケアサプリです。

配合量 価格 1日あたり

ビルベリー 170mg
ルテイン 12mg
ゼアキサンチン 2.4mg

初回価格 907円
2回目以降 2,980円

初月 30.2円
2ヵ月目以降 99.3円

 

ビルベリーエキスの配合量で選ぶなら

北の国から届いたブルーベリー

 ビルベリーエキスを1粒200mg配合
 ビルベリー以外に7種類のサポート成分を配合
 安心の全額返金保証付き

やわたの北の国から届いたブルーベリーはアントシアニンがブルーベリーの3倍以上のビルベリーエキスを1粒に200mg配合しています。ビルベリーエキス200mgは他のサプリより多い量です。サポート成分としてβカロテン、メグスリノキ、カシスエキス、ルテイン、DHA・EPA、コエンザイムQ10の相性のよい成分を贅沢に配合しています。

配合量 価格 1日あたり

ビルベリー 200mg

価格 2,160円

72円

ネット、市販で買えるブルーベリーサプリを比較

サプリ 成分 紹介

さくらの森 めなり
めなり

ビルベリーエキス 170mg
ルテイン 12mg
その他 アスタキサンチン、ゼアキサンチン、クロセチン

さくらの森の「めなり」という商品にはビルベリーが170mg、ルテインが12mg、ゼアキサンチンが2.4mgが主成分として配合されています。他にもアスタキンサン、クロセチン、βカロテン、ビタミン、ミネラルを配合されています。目疲れだけでなく手元のピントが合いにくくなったと感じてきた人にもおすすめのサプリです。

レビューはこちら

やわた 北の国から届いたブルーベリー
やわたブルーベリー

ビルベリーエキス 200mg
ルテイン ○
その他 カシス、メグスリノキ、βカロテン、コエンザイムQ10

やわたの北の国から届いたブルーベリーは1袋にブルーベリーエキスを約1,800個分配合しています。アントシアニンがブルーベリーの約3倍以上含まれているビルベリーを使用しているので日ごろ目を酷使している方にぴったりのブルーベリーサプリです。

マイケア 一望百景
一望百景

ビルベリーエキス 未配合
ルテイン 20mg
その他 フコイダン

マイケアの一望百景はビルベリーエキスではなく紅いも由来のアントシアニンや八重山かずらから抽出したルテインを配合しています。
ルックルックベリー

ルックルックベリー

ビルベリーエキス 100mg
ルテイン ○
その他 アサイー、カシス、DHA・EPA、メグスリノキ、ビタミンA、ビタミンE

ルックルックベリーにはブルーベリー(ビルベリー)だけでなく奇跡のフルーツ「アサイー」も100mg配合されています。

アントシアニンはなんとブルーベリー376個分も含まれており、その他に相乗効果を狙ってカシス、ルテイン、メグスリノキ、DHAEPA、ビタミンAとEの8種類が配合されています。

わかさ生活のブルーベリーアイスーパー
わかさ生活ブルーベリーアイスーパー

ビルベリーエキス 160mg
ルテイン ×
その他 なし

誕生から17年たち、累計販売数はなんと1億袋を達成しているほどロングセラーのブルーベリーサプリです。一般のブルーベリーと比べて目に良いとされる成分「アントシアニン」が約5倍も含まれている「ビルベリー」を使用しています。
ナノサイズまでエキスを細かくしているから身体への吸収量を2倍に高めているのでより効果を実感できるようになりました。

わかさ生活のブルーベリーアイデラックス
わかさ生活 ブルーベリーアイデラックス

ビルベリーエキス 160mg
ルテイン 〇
その他 亜麻仁油、DHA、レスベラトロール、乳酸菌、カシスエキス、コラーゲンペプチド、イチョウ葉エキス、βカロテン、ラクトフェリン、アスタキサンチンなど

わかさ生活のブルーベリーアイSUPERはブルーベリーエキスのみでしたが、デラックスではブルーベリーエキス以外にも乳酸菌や美容成分、クッキリをサポート、伝える力をサポートする成分などをたっぷり配合しています。

えがお ブルーベリー
えがおブルーベリー

ビルベリーエキス 160mg
ルテイン ○
その他 EPA・DHA、ビタミンE、カシス、マキベリー、エルダーベリー、βカロテン、ヒアルロン酸他

アントシアニンの吸収率を約2倍にアップしたブルーベリーエキスを配合しています。ビルベリーエキス以外にもカシス、マキベリー、エルダーベリーのベリー種が配合されています。ほかにDHAやEPA、サメ軟骨、フィッシュコラーゲンペプチド、マリーゴールド(ルテイン)、βカロテン、アスタキサンチン、ヒアルロン酸、葉酸など様々な目に良い成分、美容成分が配合されています。

みやびのビルベリープレミアム
みやびビルベリープレミアム

ビルベリーエキス 100mg
ルテイン 8mg
その他 マキベリー、エルダーベリー、カシス、メグスリノキ、ビタミンA、アスタキサンチン、

みやびのビルベリープレミアムにはビルベリー以外にマキベリー、エルダーベリー、カシス、ルテイン、メグスリノキ、赤ワインポリフェノール、亜鉛含有酵母、アスタキサンチンなどの目に有効成分が配合されています。

DHC ブルーベリーエキス
DHC ブルーベリーエキス

ビルベリーエキス 170mg
ルテイン 0.6mg
その他 シソの実(αリノレン酸、カロテノイド)

大手サプリ会社のDHCにはビルベリー以外にシソの実油(αリノレン酸)、カロテノイド、マリーゴールド(ルテイン)やビタミン類が配合されています。コンビニやドラッグストアでも購入でき20日分、60日分、90日分など1度に買える日数分が選べて容量が多いほど安く購入することができます。

DHC 速攻ブルーベリー
DHC 速攻ブルーベリー

ビルベリーエキス 180mg
ルテイン 1mg
その他 アサイー、クチナシ(クロセチン)、βカロテン、リコピン

ブルーベリーと比べてビルベリー配合量をアップ、配合成分をアップ、ビルベリーエキスが溶出スピードが約3倍になっています。アサイーエキスも配合されています。アサイーはスーパーフルーツと呼ばれ抗酸化作用が強いと話題のブラジル原産の植物を配合しています。

小林製薬 ブルーベリー
小林製薬 ブルーベリー

ビルベリーエキス 140mg
ルテイン 3.6mg
その他 カシス、βカロテン

ブルーベリーだけでなくカシスエキス、ルテイン、βカロテン、ビタミンEなど有効成分が配合されています。自社工場ではGMP認定されており品質、安全性を確保されています。

小林製薬 ブルーベリー ルテイン メグスリノ木
小林製薬 ブルーベリー ルテイン メグスリノ木

ビルベリーエキス 120mg
ルテイン 6.4mg
その他 メグスリノ木

ブルーベリーだけでなくルテインやメグスリノ木も配合されています。ブルーベリーだけでなくルテインなどの有効成分も摂りたいという人もおすすめのサプリです。

ファンケル ブルーベリー
ファンケル ブルーベリー

ビルベリーエキス 160mg
ルテイン ×
その他 カシス

ファンケルのブルーベリーはビルベリーに加えてカシスエキスを配合しているサプリです。ほかには特に主要成分は配合されておらずベーシックなブルーベリーサプリとなります。

ファンケル えんきん
ファンケル えんきん

ビルベリーエキス 20mg
ルテイン 10mg
その他 シアニジン-3-グルコシド、DHA

ファンケルのえんきんは機能性表示食品として届け出をしているアイケアサプリになります。手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。

ディアナチュラ ブルーベリー×ルテイン+マルチビタミン
ディアナチュラ ブルーベリールテインマルチビタミン

ビルベリーエキス 60mg
ルテイン 6mg
その他 ビタミンA、葉酸、ナイアシン、ビオチンなど

アサヒのディアナチュラから販売されているこのサプリはブルーベリー、ルテイン以外にもマルチビタミンを配合しているのでバランスよくいろんな成分を摂取したい人におすすめのサプリです。

ディアナチュラ ブルーベリー+ルテイン
ディアナチュラ ブルーベリールテイン

ビルベリーエキス 140mg
ルテイン 1mg
その他 カシス

こちらはブルーベリーの配合量を増やしており、ブルーベリー、カシスエキス、ルテインが配合されているサプリです。Amazonなどでも購入できるサプリです。

オーガランド ブルーベリー
オーガランド ブルーベリー

ビルベリーエキス 10mg
ルテイン ×
その他 アイブライトカシス、クコの実

オレンジ色のパッケージがよく目立つオーガランドのブルーベリーサプリです。ブルB-ベリーエキス以外にアイブライトエキス、カシスエキス、クコの実エキス末を配合されていますが配合量がとても少ないため効果を実感しにくい場合があります。

サントリー ブルーベリー
サントリー ブルーベリー

ビルベリーエキス 120mg
ルテイン ×
その他 ヘマトコッカス藻(アスタキサンチン)

サントリーのブルーベリーにはビルベリーエキス以外にアスタキサンチンを配合しています。ビタミンEをしのぐといわれる健康パワーであるアスタキサンチンはサケやイクラに含まれる成分で高い抗酸化作用があると言われています。

健康家族 ブルーベリー
健康家族 ブルーベリー

ビルベリーエキス 100mg
ルテイン 1.39mg
その他 アマニ油、デュナリエラカロテン

健康家族のブルーベリーにはルテインやβカロテンといった成分以外にもアマニ油を配合。無農薬のビルベリーを使い工場でも採取したブルーベリーの選別をしっかり行い品質の良いブルーベリーだけを使用しています。

リフレ ブルーベリー&ルテイン
リフレ ブルーベリー&ルテイン

ビルベリー由来アントシアニン 40mg
ルテイン 6mg
その他 

リフレのブルーベリー&ルテインは機能性表示食品として届出をしておりアントシアニン40mg、ルテイン6mgを配合。目の疲労感を改善し、目の黄斑部の健康を守るとして報告されています。さらにほかにも1粒に合わせて25種類の栄養素材を配合しているので様々な栄養をたった1粒で摂れます。

ブルーベリー・ルテインサプリを20種類以上購入して比較した結果、目におすすめはコレ!

おすすめはさくらの森「めなり」

めなり

 ブルーベリー170mgにルテイン12mg配合
 アスタキサンチンやサポート成分たっぷり
 初回77%オフでお得に買える

ブルーベリーサプリの中でもビルベリー170mg、ルテイン12mgと業界トップクラスの配合量である「めなり」がおすすめです。他のブルーベリーサプリではビルベリーの配合量は多くてもルテインは入ってなかったり、1mg以下しか配合されていないブルーベリーサプリが多い中、「めなり」はビルベリー、ルテイン配合量で業界内でもトップクラスの配合量です。

めなりバナー

ブルーベリーサプリのよく配合されている成分を紹介

ビルベリーエキス(アントシアニン)
カシスエキス
マリーゴールド色素(ルテイン)
DHA
ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン)
メグスリノ木
イチョウ葉エキス

 

 

ブルーベリーサプリのよくある質問集

ブルーベリーサプリには効果があるの?

ブルーベリーやビルベリーなどに含まれるアントシアニン、ルテイン、メグスリノキエキスなどの成分がメジャーですが、特にアントシアニンはポリフェノールの一種で目の機能を改善する効果があると言われています。

 

ブルーベリーの実がムラサキなのは強い紫外線から実を守るためにムラサキなんだそうです。ですので、目を紫外線や外部から保護する働きのある成分がたっぷりブルーベリーやビルベリーに含まれています。

ブルーベリーサプリはいつ飲む?

薬であれば食後や食間など決まりがありますが、サプリ(食品)ですので特に飲む時間には決まりはありません。管理人のおすすめは朝起きて朝食後です。なぜなら、ブルーベリーサプリを飲んで効果が出始めるのが1〜2時間後ということですので、朝飲めば目をよく使う時間帯をカバーできます。特にパソコン作業が多い方やスマホ、タブレットをよく使う方。昼間目がショボショボしたり、新聞や雑誌などをよく読む人には朝飲んだ方がいいでしょう。

ブルーベリーサプリに副作用はある?

ブルーベリーサプリは薬ではなく「栄養補助食品」です。毎日食べる食事だけでは十分に取ることのできない栄養素を補うための食品のことです。つまり、ブルーベリーはスーパーなどで手に入れることが難しいのでサプリメントで補うのが目的です。副作用については元々自然にあるブルーベリーやビルベリーを原料としているのでほとんど心配する必要はありません。

 

ただし、1日に摂取量が1粒2粒と決めれていますので目が疲れたからといって何粒も食べても意味がありません。1日に摂取すると良いといわれているブルーベリーの量は決まっているからです。サプリに入っているブルーベリーエキスだと120〜250mg程度がオススメです。

ブルーベリーサプリで視力回復する?

残念ながら、ブルーベリーサプリを飲み続けたからといって視力が回復したという話は聞いたことがありませんし、科学的にも証明されていません。あくまでも疲れ目の眼精疲労や目がショボショボするなど目の機能を助ける役割しかありません。

 

ブルーベリー加工品は海外では医薬品!?

ブルーベリー加工品は、日本では医薬品ではない。ところが、フランス、イタリー、韓国などでは医薬品として承認され、販売されている。製剤型は、カプセル、顆粒、糖衣錠などで血管障害、網膜症、視力低下などに有効とされている。要するに、この 果物には、視力の向上、網膜へのよい影響、血管の強化などの作用がある。これは、主としてブルーベリーに豊富に含まれているアントシ アニン色素のためである。この色素は、ヒトの網膜中にあって視覚に関係するロドプシンの再合成を活性化させて視力をアップさせるとい う臨床データがある。ロドプシンは光を受けると壊れるが、直ぐに再合成される。ロドプシンの分解と合成が網膜で繰り返されている。

 

フランスでは、戦闘機、ヘリコプターのパイロットに夜間飛行の前にブルーベリーエキスを与え、夜間視力を測る 実験が行われている。それによると、ブルーベリーエキスを服用したグループでは、目の眩しさ、疲労、夜間視力などの点で改善が見られ ている。アントシアニンが、ロドプシンの再合成を促すメカニズムについては未だ解明されていない。

引用元:http://homepage2.nifty.com/~tjinfom/agtopiks096.html

 

ブルーベリーの加工品が海外の一部では医薬品として使われているそうです。それによると視力の低下や網膜症、血管障害などに有効で実験によると夜間視力の測定で目のまぶしさ、疲労、夜間視力などで改善が見られたということでそのような悩みがある方にブルベリーサプリはおすすめと言えます。

 

ブルーベリーが目に良いと言われるようになった由来は?

ブルーベリーが目に良いと言われ始めるきっかけとなったのはイギリス空軍のパイロットが毎日パンにブルーベリージャムを塗って食べるのが好きで、夜間飛行中でも周りの景色が見えたという発言がきっかけとなってヨーロッパで研究が始まったという話が有名です。

 

日本でも知られるようになったきっかけとしては1980年代後半といわれています。今ではサプリで摂取するのが一般的ですが、今ではブルーベリーではなくアントシアニンンが豊富なビルベリーを配合しているのが一般的です。

 

ビルベリーは北欧に野生しているものを使うのが一般的です。欧州では医薬品としても販売されているほどです。ブルーベリーといえば目に良いというイメージが大きいですが、欧州では血管障害、糖尿病、循環器病の医薬品や眼科での医薬品が開発されています。